土居珈琲『エルサルバドル ラ・レフォルマ農園』の珈琲を淹れました♪

土居珈琲『エルサルバドル ラ・レフォルマ農園』

先日買った土居珈琲『人気銘柄セット』
さっそく飲んでみた。

豆の状態

さすがに豆はハンドピックされていて
粒もそろっていて均一。

フルシティローストと
深煎りなので豆が油分で
濡れている部分がある。

ミル後、粉が湿っていて
いつもの豆だと掃除するハケに
静電気でまとわりつくパサパサの粉も
今回は少し乾燥させてから掃除。

香り

香りについては
鼻があまり良くないので(笑)

強い珈琲の良い香り。

膨らみ

お湯を投入した時の膨らみは
油分が多いせいか平均的?

ちなみにこれ↓がいつもの珈琲豆(楽天某ショップ)。

味、感想

平坦な味ではなく
ダイナミックな味。
深みがある、力がある、
う~ん、味を伝えるのは難しい。

深煎りということもあるだろうけど
これがコクっていうヤツなのか?(笑)

安い豆をただ深煎りにすれば
この味が出るかというと
たぶん出ないんでしょう。
自分はド素人なのでわかりませんが。

テレビを見ながら
飲んでいたんだけど、
空になったマグカップに
何度も手が伸びた。

いつもは一杯で良いけど、
すぐに二杯目が飲みたくなる珈琲です。

ネックはやはり値段。
100g、約1,000円だと
普段ではとても手が出せない。

自分にご褒美とか、
誕生日とかの時に買うのが
良いかもしれない。

土居珈琲『グァテマラ カペティロ農園』


豆の状態や香り、
お湯を落とした時の膨らみ方などは
上記、『エルサルバドル ラ・レフォルマ農園』
とほぼ同じ。
ちょっと豆の状態は
均一さに欠けるかな。

味はどちらかというと
こちらの方が自分の好み。
飲みやすい感じ。

自分にはちょっと深煎りの
珈琲が好みなのかもしれない。
珈琲らしさを感じるからかな。

また買いますか?

どちらも美味しい珈琲。
では、また買いますか?
そう問われたら、

答えはNo。

100gでは一週間と持たない。
コストパフォーマンスから言えば
とても自分が普段
気軽に買える珈琲じゃない。

そういう意味でNo。

土居珈琲と楽天某ショップを
どちらの珈琲かわからない状態で
飲んだら、土居珈琲を選ぶ。

でも、その後値段を聞かされたら
楽天の方を選ぶ。

そんな感想です(汗)。

いつかは買ってみたかった土居珈琲の人気銘柄セットを買ってみた♪

ドイコーヒーを買ってみました♪
ちょっとお高いゾ。

前々からいつか一度は
買ってみようと思っていた珈琲。

ついに買ってみた。
お金ないのに…(汗)

買ったのは
「人気銘柄セット」
200gで1,998円。

いつもなら1,500gぐらいの
珈琲豆、買えるな(*_*;

届いた珈琲は
今までにはない風格♪

カタログのような
しっかりとした冊子や
コーヒー豆が箱に入っていて
何だか、ちょっとした電化製品でも
購入したかのような感じ。

100g×2の為、さすがに豆自体は
小さい袋だけれど、それだけに
自宅にはとうてい似合わない
高級感が漂う(笑)。

今回注文した時に良かったのは
支払いが簡単だったこと。

通常自分が使っている
大手モールだと会員登録をしているので
支払い手続きが面倒ということはない。

でもモール以外の新規のショップなどで
購入する時はいちいち住所や氏名、
電話番号などを入力しなければならず
何かと面倒だ。

土居珈琲の場合、
Amazonペイメントという
システムで支払いができた。

Amazon.co.jpのアカウントを
持っていればAmazon.co.jpに
登録してある情報を利用して
決済が完了できる。

Amazon.co.jpで買い物した時と
同じ手間で支払いができて
非常に楽だった。

珈琲の感想は
これから飲むので後日