メリタ製(ECG62-1B)とカリタ製(CM-50)の珈琲用電動ミルを比較してみた


珈琲用の電動ミルが壊れたので、
買い換えました♪

以前はメリタ製。
今回はカリタ製。
名前が似てるので
関係あるのかと思っていたけど、
全くの別会社みたいですね。
メリタはドイツ、
カリタは横浜の会社のようです。

今まで使っていたのはこれ。
メリタ電動コーヒーミル ECG62-1B(メーカーサイト)

今回購入したカリタ製はこちら。
カリタ電動コーヒーミル CM-50(メーカーサイト)

販売価格はどちらも3000円台で
購入可能だけど、オープン価格だからか
メリタの方が安いようだ。
自分は楽天市場で購入。
↓楽天で安い順に並んでいます。
カリタ 電動コーヒーミル CM-50 ホワイト
Melitta コーヒーミル ECG62-1/B

大きさ比較。

若干今回購入のカリタ製(右)
の方が背が低い。

新しいので音は静かで
今まで使っていたメリタ製の
3分の2ぐらいの時間で粉砕できる。
珈琲豆を計る標準的なスプーン2杯を
10秒ほどで完了。
今までは15秒ぐらいはかかっていた。

とはいえメリタ製の電動ミルは
8年も使ったので、刃も
切れなくなっていただろうし、
音が大きくなっていたのも致し方ない。
逆によくここまで動いてくれたと思う。
ありがとう♪

今回購入したカリタ製は
筐体内部の形状から珈琲の粉が詰まり
掃除しにくいかと思っていたけど、
刷毛のようなもので軽く
取り除けばまったく問題なし。

ちなみにこちらが
今まで使っていたメリタ製。


いずれにしても段差には
多少、粉がたまるので、
掃除の手間を考えれば
どちらも大差はない。

電源コードの長さは
メリタ製が140センチ弱。
カリタ製より10センチほど長い。
そして細くてしなやか。

以上、ちょっとした電動ミル比較でした。

フレッシュロースター珈琲問屋さんでロースト(焙煎)時間をセレクトして注文♪

前回が2016年12月だから、
1年半のご無沙汰です(笑)。

その間、コーヒーを買って
いなかったわけではなく、
ただのサボり。

2016年12月以降の購入履歴を
調べてみたところ、

2017年2月<広島珈琲>
2月福来い福袋広島の女性焙煎士がこだわった人気のコーヒー×8種!+もれなく「福来いブレンド200g」プレゼント!合計2.2kg(約220杯分)に!※ギフト対応不可

2017年6月<加藤珈琲>
怒涛の珈琲豆セット[G500×4]約200杯分入!送料無料 コーヒー・コーヒー豆セット 選りすぐりのコーヒーです。(500g×4袋 2kg)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店/珈琲豆

2017年11月<広島珈琲>
【ポイント10倍】5カ国のストレートコーヒー飲み比べ福袋合計たっぷり1.25kg入って、コミコミ2,000円!送料無料!★2セット以上のご購入で「スペシャルブレンド100g」プレゼント!(同一住所・同一発送日に限ります)

2018年1月<広島珈琲>
【ポイント10倍】「コーヒー専門店の選りすぐり福袋」コーヒー豆たっぷり1.2kgがお手頃価格で、もちろん、送料無料!★2セット以上のご購入で「メキシコアルツーラ70g」プレゼント!(同一住所・同一発送日に限ります)!

と買っていました。

夏場はさすがに暑いので、
スーパーでボトルコーヒーを
買って飲むので5ヶ月ぐらい
空いていますが、
平均2~3ヶ月間隔で
珈琲を購入していました。

で、最近購入している珈琲が
FRESH ROASTER珈琲問屋さんのこちら↓
【送料無料】【焼き方・挽き方指定可能】ポピュラーなブレンド 生豆時2kgパック
今年の3月と5月に購入。

ロースト(焙煎)時間を
選べるというお店。
楽天内で探せば他にも
ありそうだけど、
とりあえず安く買えるお店で(笑)。

3月に購入した時は長めのシティロースト。

比較のために今回は
標準(ミディアム)にしました。
これから飲みます。

なぜ、ロースト時間を選べるお店を選んだのか?
それは「マツコの知らない世界」で
珈琲の淹れ方を放送していたので、
それに感化されたというわけです(笑)。

詳しくはこちら↓
お湯を回し入れるのは間違い!? “おうちコーヒー”をより美味しくする2つの裏ワザ

それから長年愛用していた
メリタの電動ミルが壊れました(涙)。
コードが根元で断線。
購入は2010年3月ですから
8年間、ご活躍いただきました。
長い間、ありがとう♪

ちなみに今度はカリタの電動ミルにしてみたよ。
メリタ製(ECG62-1B)とカリタ製(CM-50)の珈琲用電動ミルを比較してみた